「所得拡大」「生産拡大」「地域の活性化」に向けたJA十和田おいらせの取り組み

JA十和田おいらせの「自己改革」

 

※画像をクリックしていただくと拡大表示されます。

jikokaikaku01 jikokaikaku02

 

30年度 JAの農家支援2千万円 〜野菜生産拡大、農業所得増大へ〜

 

野菜の生産拡大、良品質生産による農業所得の増大を目指し、作付面積の拡大部分に対する種苗費の一部助成、土壌診断実績に対する診断料の一部助成、遮光フィルム購入費の一部助成を実施する。平成30年2月27日の理事会で決定し、対策費は総額2千万円を見込む。

1.種苗費助成

(1)全地区対象品目助成

1)ナガイモ:優良種苗更新として購入したムカゴ代金に対して1キロあたり1,000円(税込)の助成を行う。[助成額変更・継続] ※ただし、標準出荷数量(2トン/10アール)の8割以上の出荷がある生産者

2)ニンニク:農産登録面責が過去3ヵ年の最大面積より増加分に対して50,000円(税込)/10aの助成を行う。[継続]

3)施設野菜:ハウス栽培での収量・品質向上のため、JAより遮光タイプフィルムを購入した場合、購入金額の1/5を助成[新規]

 

(2)地区指定品目助成

1)地区指定品目農産登録面責が過去3ヶ年の最大面積より増加分に対して基準種苗費の1/2を助成[助成単価変更・継続]

◯品目別基準種苗費単価

①ゴボウ 9,000円/10a
②ネギ 30,000円/10a
③ダイコン 15,000円/10a
④ニンジン 20,000円/10a
⑤トマト 30,000円/10a
⑥キャベツ 15,000円/10a
⑦ソラ豆 30,000円/10a
⑧春菊 15,000円/10a
⑨馬鈴薯 25,000円/10a
⑩一球入魂カボチャ 20,000円/10a
⑪ホウレンソウ 15,000円/10a
⑫イチゴ 30,000円/10a

◯支店別指定品目

大深内支店 ネギ・ゴボウ
藤坂支店
三本木事務所
ももいし支店 ニンジン・キャベツ・ゴボウ
下田支店 ダイコン・ニンジン・ゴボウ
上北支店 ゴボウ・ニンジン・ネギ
十和田湖支店 ホウレンソウ・春菊
七戸支店 夏秋トマト・ゴボウ・ネギ
横浜町支店 馬鈴薯・ゴボウ
むつ支店 イチゴ・一球入魂カボチャ・夏秋トマト
(3)助成要件

①農家登録の実施 ②JAより種苗購入 ③JA出荷(JA平均単収以上であること)
④(1)(2)について、国・県・市町村及びJA等から助成を受ける場合は、上記の助成単価を上限に助成する。

2.健康な土作り診断料助成(土壌診断料の一部助成)

(1)30年度の実績に対し1点500円の助成を行う。[継続]

※対象期間 平成30年4月1日〜平成31年2月12日受付分

 

29年度 農家支援1億4,300万円〜種苗費や推奨金〜

 

■やさい産地拡大対策事業に係る助成金の支払いについて
(対象期間;平成29年6月1日〜平成30年2月28日まで)

対象戸数(人) 助成金額(円)税込
品目助成 103 8,563,568
ムカゴ購入助成(1/3) 198 4,581,562
土壌診断料助成 1,023 1,848,420
14,993,550

■やさい集荷対策金の支払いについて
(対象期間;平成29年1月1日〜平成29年12月31日まで)

対象戸数(人) 助成金額(円)税込
やさい集荷対策金 1,621 60,452,900

■肥料・農薬。ダンボール奨励金の支払いについて
(対象期間;平成29年1月1日〜平成29年12月31日まで)

対象件数 助成金額(円)税込
肥料ランク奨励金 1,766 36,097,316
農薬大口利用推奨金 230 10,541,106
ダンボール出荷推奨金 1,537 20,571,081
67,209,503

支払い日:平成30年3月23日(金))
3月理事会だより資料

 

担い手育成

当JAの取り組みが日本農業新聞の全国版で紹介されました。

マネージメントスクール

平成29年開講(1年目):塾生12人

もうかる農業経営を塾生に呼び掛ける竹ヶ原組合長

もうかる農業経営を塾生に呼び掛ける竹ヶ原組合長

経営シミュレーションを体験する塾生

経営シミュレーションを体験する塾生

経営シミュレーションを体験する塾生

経営シミュレーションを体験する塾生

目 的

経営者としての心構え、消費者ニーズの捉え方、付加価値を高める販売方法、財務管理などを学ぶ

研修内容(2年間)

  • 経営者としての心構え
  • 農産物販売
  • 経営管理 など

ナガイモ若手育成塾

平成23年開講(5年目):塾生27人

ナガイモ栽培の達人が技術を伝授

ナガイモ栽培の達人が技術を伝授(7月)

農業機械操作方法の講習会

農業機械操作方法の講習会(8月)

達人たちと一緒に作柄調査

達人たちと一緒に作柄調査(10月)

次世代ニンニク塾

平成25年開講(3年目):塾生27人

座学で植え付け時期などを学ぶ

座学で植え付け時期などを学ぶ(7月)

ニンニク入庫施設を見学

ニンニク入庫施設を見学

ベテラン農家さんらと省力化の栽培技術を学ぶ

ベテラン農家さんらと省力化の栽培技術を学ぶ